〒562-0036
大阪府箕面市船場西3-8-11
TEL:072-726-0078
FAX:072-726-0078

rss

トップページ»  睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは?

約7割の人が寝ている間にいびきをかきますが、その中でも呼吸状態が不安定で
一定以上に呼吸が止まってしまい脳が覚醒状態を起こして睡眠の質が悪くなってしまいます。
そうすることで起きている時にも様々な悪影響を及ぼす病気が睡眠時無呼吸症候群です。

睡眠時無呼吸症候群の合併症

①脳卒中、脳梗塞を起こすリスクは健常人の約3.3倍

②夜間心臓突然死は約2.16倍

③高血圧は約1.37倍

④居眠り運転による交通事故は約7倍

日中の自律神経やホルモンバランスが乱れ、血圧や脈拍の変動が激しくなり、ストレスが加わる事で動脈硬化が起きやすくなります

検査内容


※AHIとは1時間あたりの無呼吸と低呼吸の回数のこと

※睡眠時無呼吸簡易検査(簡易PSG検査)とは
 ご自宅で寝る前に簡単な装置をつけて
一晩眠って頂きます
 検査費用3割の場合約2400円

※PSG検査
 簡易検査と同じくご自宅で装置をつけ
て一晩眠って頂きます
 簡易検査より精密に検査する事が出来
ます
 検査費用3割の場合約12,000円

※CPAP治療
 CPAP装置についてくる鼻マスクを
装着して眠って頂きます。
 この治療をして頂くことで睡眠の質が
改善し合併症を防ぐことが期待できます。
 治療費は3割負担の場合約5000円
(1ヶ月辺り)